2015年11月15日

SNSのアイコンをお友達に描いてもらった話

SNSのアイコンを固定のものにしたくて、お友達の敷さんに頼んで描いてもらいました。
8aUL_PgP.jpg

可愛いな!
めっちゃ可愛いな!

BugBugさんで長く美少女ゲームレビューをやらせていただいていて、その時に筆者アイコンが眼鏡かけた日本人形だったので、そのイメージを踏襲したいなーとお願いしたんですが、ものすっごい可愛いくも婀娜っぽいお姐さんが届いてゴロンゴロンしました。

この前に別パターンのラフも見せてもらってたんですが、しっかり者っぽい幼女がペンを構えてるというイラストでね、そっちも超可愛かった…。

しかし、敷ちんのイメージの私が美しすぎて震えてます。

以前、和泉なつかさんにシューズボックスレターのイラストを描いていただいた時もそうなんですが、私がお願いする時って大概ふんわりしていて、絵描きさんのイマジネーションにお任せしちゃってます。
お仕事のイラストの時はやっぱり編集さんにふんわりしたイメージを伝えてるだけです。

イロヅカズチラヌチョウジャノキの設定資料集見てもらうとわかるんですが、基本ビジュアルイメージは絵描きさんにお任せで、私はほんとにあんなもんしか書いてないです。
小説の時も、作中で描写する予定の部分ぐらいしか伝えないことが多いです。

今回なんてほんとに「日本人形に眼鏡。あとから追加でだらしなくてペンよりは一升瓶抱えてる方が私っぽいかも」だけですよ。
でもさー、それでこんなすごいモノが届くなんてすごくね?

(要するに全力でのろけたかった日記)
posted by 春河ミライ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429649084

この記事へのトラックバック