2012年01月19日

たこ焼き入りレンジ茶碗蒸し

DSC_0106.jpg

というわけで、前回に引き続き、「澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。」より、たこ焼き入りの茶碗蒸し再現してみました。
より手軽にするため白だし使用です。

例によって、漫画の描写を優先する感じで具は決めております。
あと、食べるのは私一人なので、半量で作っています。
いくら茶碗蒸し好きでも茶碗蒸しだけ4つも食べるのはさすがに……。

茶碗蒸しって大好きなんですが、何故か自分で作らないものの一つで、今回が作ったの初めてかもしれません。
白だし使って作ってみたら案外簡単だったんで、これから茶碗蒸し頻度は上がるかも。

では、メイキングは続きからどうぞ。

澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 1 (フラワーコミックス α) [コミック] / 山田 可南 (著); 小学館 (刊)

澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 2 (フラワーコミックス) [コミック] / 山田 可南 (著); 小学館 (刊)
続きを読む
posted by 春河ミライ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

クリームシチューケチャップライス添え

DSC_0093.JPG

再現てほどの再現じゃない&再現度激低いのだけども、「澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。」読んでたら美味しそうでなー。

作中の絵を見ると、絶対ブロッコリー入ってるし、ご飯の上にはグリンピースが乗っかってるよね!

大体クリームシチューやらカレーやらって大量にできるじゃないですか。
一人暮らし向きじゃないと思うのですよ。時々無性に食べたくなるけど、おうちカレーとかおうちシチューは、やっぱりおうちじゃないとできないっていうのがネックよねー。はふぅ。
ちなみに私はごくごくオーソドックスな奴、でも2日目とか3日目の少し煮詰まり気味なとこが好きです。

実家ではシチューは普通に汁モノ扱いだったかな。
ご飯にはかけなかったと思う。
ケチャップライスにすることで、普通のご飯よりもシチューに馴染む感じがしました。
子供は絶対好きな味。
ケチャップライスも多めにできちゃったので、明日はオムライスにしようかな。

澤飯家のご飯美味しそうなのです。
読んでるとしみじみ、誰かと食べるご飯は美味しいよなーと思うのです。
たこ焼き入り茶碗蒸しも作りたいなー。絶対美味しいと思う!

澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 1 (フラワーコミックス α) [コミック] / 山田 可南 (著); 小学館 (刊)

澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 2 (フラワーコミックス) [コミック] / 山田 可南 (著); 小学館 (刊)
posted by 春河ミライ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

ぐれさんのこだわりイタリア風親子丼

110801_0733~0001.jpg

甘美男子の第12話『男子ランチ茶房』に出てくる「ぐれのこだわりイタリア風親子丼」を作ってみました。
間違えてご飯の上にソースひいちゃってるけども。

ぐれさんの好きなものをどんぶりに全部詰め込んじゃおう、という贅沢丼です。

ぐれさんの好きなもの、唐揚げと親子丼と、トマトパスタとチーズと卵焼きとバター醤油ごはん。
それを聞いてアレンジすればいけるかも、とか速効言っちゃうトキ君がすごすぎる。
こんなん言われてもぱっとまとまらんよ。

美味しそうなんだけど、絶対ハイカロリーでな!
ごはん少なめな感じに作ってみました。
で、でもカロリー計算するのが怖い怖い。鬼カロリー間違い無いですよ。


甘美男子茶房 (BLADE COMICS)

甘美男子茶房 (BLADE COMICS)

  • 作者: 清水ユウ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2009/10/10
  • メディア: コミック




メイキングなどは続きからどうぞ―

続きを読む
posted by 春河ミライ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

発芽玄米とにんじんのリゾット

110513_0915~0001.jpg
今配信中の「
にがくてあまい」レシピ.19 から「発芽玄米とにんじんのリゾット」を作ってみました。

ストレス発散にも色々方法はあると思いますが、私の一番のストレス発散て料理をすることかな、と思います。
私は嫌なことがあると食べることに逃げるタイプなんですが、ただ食べてるだけだと体にお肉だけじゃなく、色々溜まってきちゃう感じがするんですが、お料理して食べるというのをちゃんとすると、ただ逃げてる時よりもちょっとすっきりする気がします。

でも外食も好き。
今気になってるのは上野に出来たって言う一人焼肉です。
半個室で一人焼肉と向き合うってどんな感じなんだろ。
ふらふら歩くのが好きなので一人外食平気な方なんですが、最初から一人用というコンセプトって、土山しげる先生が描く世界っぽくて面白い。まさか皆「くわっ」とか食べてたりはしないと思いますけど。

にがくてあまい(2)

ではでは製作過程は続きからどうぞ―。
続きを読む
posted by 春河ミライ at 10:30| Comment(1) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

里いもとイチゴのアイスクリーム

110302_0036~0001.jpg
今配信中の「にがくてあまい」レシピ.16 から「里いもとイチゴのアイスクリーム」を作ってみました。

この前にココア味でも作ってみたんですが、そちらも美味しかったです。
里いもと喧嘩しないフレーバーなら何でもいいのかも。

里いものねっとりホクホクした感じがアイスクリームっぽい滑らかさを生むみたいです。
さっぱりしてて美味しいです。
アイスは好きだけど、ちょっと油っぽいかも、なんてむきには本当にぴったり。
脂質を気にしているスポーツ選手の方に差し入れたいぐらい。
いや、手作りの差し入れなんて恐ろしいことようしませんけど。

そしてナッツのキャラメリゼがヤバい。これだけでやめられない止まらないくらいおいしい。
カリカリサクサクでいい香りでたまらんです。
無塩のミックスナッツとかで作ってもいいんかなー。

にがくてあまい(2)

ではでは製作過程は続きからどうぞ―。続きを読む
posted by 春河ミライ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

魚なしの恵方巻き

今日は節分!
と言うわけで恵方巻きです。

110203_0949~0001.jpg

最初に謝っておきますと、完全に失敗しました。
私の失敗も踏まえて、本日はよい恵方巻きライフをお過ごしください。
皆様が上手に恵方巻きを作れる一助となれますれば幸いです。

110203_0958~0001.jpg

ちなみに今回の恵方巻きは、今月号のまんがホーム/芳文社に掲載されていた「さくらんぼ。」より魚なしの恵方巻き。

110203_0925~0001.jpg

さて、具は漫画のとおり(でもなく)

玉子焼き(甘く焼いた)
牛のたたき(ローストビーフを細切りにして醤油とねぎで和えた)
味噌納豆(味噌を加えて叩いた)
きゅうり
かいわれ
やまいも(やまと芋を梅酢に漬けておいた)
アボカド

の7種。
牛のたたきは朝からわざわざ作るのも面倒だったし、作ったら一人で食べきるの大変だしでローストビーフで代用。
まぁ、牛肉の塊丸ごと焼いたものだしそんなに変わらないんじゃないかと思って。

ここまではまぁ、よかった。

110203_0929~0001.jpg

炙りなおした海苔の上に冷ました酢メシを薄く広げます。
手前と奥、両端を1cmくらいずつ空けておきます。
ここで一つ目のコツ。
ご飯は海苔にかろうじて付いてる、くらいな感じに薄く薄く広げます。
大体恵方巻きなら100gくらいが目安じゃないかと。
それ以上乗せると巻いたときにご飯の層が分厚すぎてえらいことになります。
コレはご飯多すぎ。

110203_0933~0001.jpg

はい、ご想像通りコレはまったく巻けなくてえらいことになりました。
具はご飯の半分くらいまでにした方がいいみたいです。
ココで2つ目のコツ。
具はぽろぽろしそうなものを手前に配置するとぎゅっと巻けます。
この写真でお分かりのとおり納豆を奥に置くのは大失敗でした。

110203_0949~0001.jpg

というわけで用意した白飯で大失敗したので、急遽冷凍してあった玄米で酢メシを作り直して、巻き直しました。
具はこの前の写真の2/3くらいにしてあります。
でもご飯があったかいうちに海苔の上に置いちゃって、海苔がしおしおに縮んじゃったの……。
ご飯はちゃんと冷ましてからじゃないと、海苔が縮んで巻きにくくなります。

お味は……アボカドと納豆の組み合わせが美味しいです。そこにやまいものしゃきしゃき感ときゅうりのさっぱり感が加わるので、甘ったるいのは苦手と言う人にも食べやすいと思います。

巻きに失敗したのもちゃんと食べたけど、やっぱりきちんと巻けた物の方が美味しいです。
ぜんぜん味が違うので、ちゃんと巻けるように頑張ってください。

でも、私はやっぱりスタンダードな巻き寿司のほうが好きかも(笑)

7年前に亡くなった方の祖母が太巻き寿司が得意でよく作ってくれたので、ときどきその太巻きを食べたくなります。
もうちょっとこまめに巻き寿司作るかなぁ。

さくらんぼ。 1 (まんがタイムコミックス) [コミック] / 芳原 のぞみ (著); 芳文社 (刊)
posted by 春河ミライ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

油揚げ入り野菜餃子

旧年中はお世話になりました。
喪中なので新年のご挨拶は控えさせていただきますが、本年もなにとぞお引き立てのほどお願いいたします。

というわけで元旦から、旧年中のやり残し記事をアップしてみます。

kansei0.jpg

「にがあま」の油揚げ入り野菜餃子でございます。

実際に作成したのは結構前なのですが、とあるお仕事で詰まっていた時に息抜きに作ったはいいものの、仕事も終わってないのにそんな浮かれた日記アップするのもどうよ、ということでなかなかアップできずにいたものです。

でもさー、餃子作るのって無心になれるし癒されるよねー……。
ただ、お肉が入らないのでまとまりにくく、包むのは結構難しかったです。

お味の方はかなりさっぱりしているので、焼くときは油たっぷり目で揚げ焼くようにがりっと焼いた方が、美味しいです。
皮が手作りなので水餃子にしても美味しかったですが、ベジにこだわるならその時もごま油をたらしてコクをプラスした方が美味しいかも。
餃子は冷凍しておけるので、野菜スープにちょこちょこパスタがわりに足したりして食べました。
焼いてから冷凍したものでもOKでしたよ。

1月に『食の軍師』と『にがくてあまい』の2巻が出るらしいので楽しみです。

そういえばやっぱり楽しみにしていた『花のズボラ飯』の一巻はこの間発売されましたね。
食べ物が美味しそうな漫画って大好きです。
花のズボラ飯、主人公の花がすっごく可愛くて、食べる姿が官能的なぐらい美味しそうで、食漫画好きにはおススメなんですよ。
原作は『食の軍師』と同じく、『孤独のグルメ』の久住昌之先生なんですが、もうね、もうね、ハナっぺの一挙手一動作がすっごくすっごく可愛いの。真似して歌いながらごはんの支度したくなる感じ。いや、真似しなくても時々歌っている気がしなくもないですが。
ちなみに風邪退治汁(葱刻んでしょうがすって味噌ブチ込んだ簡易味噌汁)は私も風邪ひくとよくやります。
肉まんは冬、外で歩き食べに限るとか、いちいち超同意しちゃう。
食の軍師はおじさんが可愛いけど、花のズボラ飯はおやじギャグ飛ばしまくりの人妻(設定では30才)が可愛いのだ。
あー、はやく花のズボラ飯も2巻でないかしら。

さてさて、何はさておき油揚げ入り野菜餃子の作成過程はいつも通り続きからどうぞご覧ください。

にがくてあまい(1) (エデンコミックス) [コミック] / 小林ユミヲ (著); マッグガーデン (刊)にがくてあまい(2) (エデンコミックス) [コミック] / 小林ユミヲ (著); マッグガーデン (刊)

花のズボラ飯 [コミック] / 久住 昌之, 水沢 悦子 (著); 秋田書店 (刊)食の軍師 (ニチブンコミックス) [コミック] / 泉 昌之 (著); 日本文芸社 (刊)孤独のグルメ 【新装版】 [コミック] / 久住 昌之 (著); 谷口 ジロー (作画); 扶桑社 (刊)
続きをどうぞー
posted by 春河ミライ at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

高キビのキーマカレー

101117_2038~0001.jpg

ちょうど手元に材料がそろってたので、「にがあま」の高キビのキーマカレーを作ってみました。

レシピではなく作中に準拠する形で、高キビと炒めたたまねぎはすでに混ざってる状態から作りました。レンコンと大根は入ってないけどね。

レシピでは2人前となっているのですが、トマト一缶に高キビカップ一杯、昆布だし150mlが入るので、2人前にはちょっと多い気がします。
そしてどこまで煮詰めるかでちょっと困りました。適当なとこでやめときましたが。

高キビの煮たものをご飯にかけるので、これっていわゆる「おかゆライス」なんじゃないかという気も。

お肉は入らないけど、高キビのおかげでとろみもあるし、各材料を油で炒めているので、思いのほかこってりしています。
多分野菜を色々入れるとより美味しいんじゃないかと思うので、半端な野菜がある時に作るとよさそうですね。確かにレンコンのみじん切りとかあいそう。
優しい味なので疲れてるときとかに美味しそう。

出汁にトマトにカレー粉なので、塩加減さえ間違えなければまずいはずがないです。
カレー粉を入れずにつくると、ミートソースもどきにもなりそうな予感がします。


にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

  • 作者: 小林ユミヲ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2010/08/12
  • メディア: コミック




ざっくりした製作過程はこちらから
posted by 春河ミライ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

花大福

101010_0803~0001.jpg

自家製のこしあん花豆の甘煮を利用して、甘美男子第3話に出てくる「花大福」を作ってみました。
本当は甘美男子では紫花豆で作ってるんですが、白花豆買ってきちゃったんで。
我ながら、いい加減ですね(笑)

写真は味見なのですごく小さめに作ったものです。
すっごくめんどくさかったのでもう二度と作らないと思ったけど、できたてのとろける大福は美味しかったのでまた気が向いたら作ってみたいと思います。

でも、この花大福作るのに3日ぐらいかかるんですよ!
花豆を水につけるのに一晩、煮るのに4時間くらい、甘みをつけるのに一晩かかるので。
いや、圧力鍋持ってたらもっと早いのかもしれませんけど。

花豆の甘煮は煮るのに時間がかかるので、花豆を水に浸す→翌日花豆を火にかけ始める→花豆を甘く味付け→翌日まで甘みを染みさせる。→小豆を炊き始める。→小豆を煮てる間に花豆餡を作る→小豆餡を作る。→餡を冷ます間に求肥を作って大福完成。

という手順にするといいと思います。私は小豆餡を先に作ってしまったので、小豆餡に無駄な一日を過ごさせてしまいました。(味見はしたけど)

「甘美男子」は「甘美男子茶房」の続編で、甘美男子茶房から一年後の鹿楓堂の面々を描いた作品です。現在はyahooコミックコミックEDENで連載が始まったばかり。
小さく古風な甘味処「鹿楓堂」で4人の着物男子が繰り広げる人情話です。
疲れた時に食べる甘い物のように、ホロっと優しいお話で、にがあまと共に楽しみにしてるWEBコミックのひとつです。
こんな甘味処が近くにあればいいのに。
今ならまだ全話読めますよー。

甘美男子茶房 (BLADE COMICS)

甘美男子茶房 (BLADE COMICS)

  • 作者: 清水ユウ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2009/10/10
  • メディア: コミック




製作過程はこちらからどうぞー
posted by 春河ミライ at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

もちもち大根餅

100929_2139~0001.jpg
というわけで、届いた大根を使ってさっそく「にがあま」の大根餅を作ってみました。

新鮮な大根て葉っぱのとこトゲトゲしてて手に痛いのね。
キメの細かい大根だったので、お魚とかと煮るのが美味しいかもしれない。けど、でも、届いたらまずやってみたかったんだもの!

というわけで、止まらんのです。

さくさくの焼き目と、ごまのプチプチ感が美味しかったです。
大根餅はもともと好物なのですが、これ、めんどくさい作り方のより、より好きかも。
普通の大根餅って、干しエビとか場合によってはハムとか入って、こねて蒸してってするので、どうしても重ためなんですよね。

でもこの作り方だと、あっさり軽くて、本当にいくらでも入ってしまいそうです。
危険危険。


にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

  • 作者: 小林ユミヲ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2010/08/12
  • メディア: コミック



製作過程はここからどうぞ―
posted by 春河ミライ at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

氷出し緑茶

100919_1814~0001.jpg

料理ってほどのものでもないですが、たまたまいい氷があるので(いいお茶があるわけじゃないけど
『茶の涙~Larmes de the´~(BLADE COMICS)』より、氷出し緑茶を再現してみました。

100919_1616~0001.jpg

急須にお茶をたっぷり目に入れて、そこに氷を詰めていきます。

100919_1616~0002.jpg

氷、お茶を何層かに重ね……たいのですが、自由気ままな形のダイヤ氷は詰めるだけでも一苦労でした。

100919_1617~0001.jpg

空間が気になるので、この上にさらに氷を重ねまして……。

100919_1619~0001.jpg

さすが溶けにくいダイヤ氷、溶けるまでにかなりの時間を要しました。一時間たってもまだ溶けきらなかったです。
急須がすっごい汗をかくので(そりゃそうだ)お盆必須。

100919_1714~0001.jpg

普通に入れたお茶よりとろっとした印象です。

コーヒーでもやってみましたが、普通のコーヒーはまず蒸らす必要があるみたい。粉に水がいきわたりませんでした。

そしてお茶をたっぷり使った分カフェインの含有量もすごいのか、夜7時頃に飲んだら、4時くらいまで寝られなくなって困りました。試すなら日中にしたほうがよさそうです。


茶の涙~Larmes de the´~(1) (BLADE COMICS)

茶の涙~Larmes de the´~(1) (BLADE COMICS)

  • 作者: 水面かえる
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2010/07/14
  • メディア: コミック



posted by 春河ミライ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

レタスと玄米のスパイシー炒飯

100919_1220~0001.jpg

にがくてあまい(1) (エデンコミックス)より「レタスと玄米のスパイシー炒飯」です。

スープは先日作ったカボチャの冷製ポタージュですが。

レタスでだいぶ薄味になるので、チャーハンを美味しいぎりぎりまでしょっぱくして、レタスとスープでバランスを取った方が飽きずに食べられるかも。
カボチャスープもそうだけど、コーンスープも素材の甘みで塩味はだいぶ控えめでも結構満足できちゃいますからね。
つまり、マキの味付けで間違ってないんじゃないかなと思います。

しかし、写真一枚で再現ってほどでもなかったね(笑)
チャーハン作ってる最中に写真なんて取れなかったです。
次は大根餅がいいかなー、餃子にしようかなー。


にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

  • 作者: 小林ユミヲ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2010/08/12
  • メディア: コミック



posted by 春河ミライ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

高きびハンバーグのお弁当

この夏はずっとガタガタな生活をしていたので、そろそろ自炊をちゃんと再開して、体調を整えたいと玄米菜食も考えています。
有機野菜の宅配とか利用してみようかなぁ。

ついては手始めに「にがくてあまい」の高きびハンバーグのお弁当を再現してみました。
100911_1046~0001.jpg100911_1345~0001.jpg
上から
・玄米の醤油おむすび
・ほうれんそうのおひたし
・大学芋
・きんぴらごぼう
・梅干し
・高きびのハンバーグ

あえてレシピがない方を作りたくなるひねくれ者っぷり。
再現のため、わざわざお重に詰めました(笑)
さすがに一人では食べきれないので、妹を呼びだし、近くの公園にお散歩して食べてきました。

穀類が多いせいか、なんか鳩に狙われてる気がしました。
お弁当広げてる間、異様に鳩が周りに寄ってくるの(笑)
うっかり落としてしまった大学芋を放ってやったら、奪いあうようにして食べてました。
やっぱり鳩的にも甘いものってごちそうなのかしら?

高きびのハンバーグは油と玉ねぎと穀類なので、チャーハンっぽい味って感じ。

にがくてあまい(1) (エデンコミックス)は、ゲイでベジタリアンの渚を好きになってしまった、あほの子な(でも仕事はバリバリ)キャリアウーマン・マキの二人暮しを描いたお話なのですが、この二人の関係がすごく可愛いのです。

友達のような、恋人のような、家族のような、優しくて遠慮がなくて思いやりにあふれた日常を覗きこんでいると、こういう友情っていいなーと思えます。

yahooコミックの「EDEN &ブレイドコミックアーカイブ」で連載中の「にがくてあまい」お勧めですよ。

にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

にがくてあまい(1) (エデンコミックス)

  • 作者: 小林ユミヲ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2010/08/12
  • メディア: コミック



<続き>大したものではないですが、メイキングはこちらからどうぞ―。
posted by 春河ミライ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする